読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Time flies

f:id:szktrnt:20170517100944j:plain

NYからまだ二ヶ月も経ってないのか。大分昔のことのように思える。ああまたブルックリンでチョコアイス食べたい。

 

わたしがこちらに来て7ヶ月が過ぎ、残り4ヶ月ちょいの滞在期間になった。早い、と言いたいところだが、実際毎日を確実にこなしていってる感覚があるので、訳もわからず年末を迎えていた会社員時代からすると大分ゆったりしている。今は週4日ラーメン屋でのバイトをし、週に一回エージェントで行われる英語カフェ的なイベントに参加して、その他の日はそこで知り合った友達と遊びに行ったりしている。この前は、こちらでフォトグラファーを目指す子がモデルを撮りに行くというのでお邪魔させてもらって、とても楽しい一日を過ごした。その日がその子の結婚一周年記念日だったので、その流れで一緒にトロントの牛角に行き、翌日はその子のおうちでのパーティーにお呼ばれして、とてもおいしいお料理をいただいた。構ってくれる人がいるというのはほんとにありがたいし、なにより楽しい。

 

始めてから訳一ヶ月くらいになるバイトに関しては、まあ、お金を貰うということはそれなりに苦労が伴うなあ、と。世の中色んな人がいるので、いちいち自分に合う人・環境だけを選ぶよりは、ある程度自分を適応させる方を選んでしまうのだが、今までこういう絵に描いたような怒り方をする上司の元で働いたことがないので、「はー、面白いなあ。」と思いながらにこにこ働いている。海外という環境で、いくらでも職探ししている日本人がいる状況で、そしてほとんどの人が長くとも半年くらいで去って行く状況で、長くいる人達が煮詰まってキャラ濃くなるのは当たり前なような気もするんだけど、こんなドラマみたいな人達いるんだ!ともはや新種を発見した気分だ。まあ、そもそもそんなストレスない方がいいに決まってるんだけど、ぶっちゃけ半年後にはほんとに全員どーでもいいーてなってるような人達なので、割り切ってこの環境楽しんでこ!もっとネタよこせ!くらいの気持ちでいる。

 

初の飲食サービスをやってこれは嬉しいなと思うこともある。お客さんに「おすすめしてくれたやつおいしかったよ」「これはあなたに(チップ)」と言ってもらえた時、作ってるのわたしじゃないし、チップはキャッシャー行きだけど、少なからずわたしの存在・行動がこの発言の一部に繋がっているのだ!ワーイ!と思う。飲食サービスってスムーズに出来て当たり前、という環境で、その中で少しでもいいパフォーマンスをしようと、キッチンの中もホールもみんなぐるぐるしてるんだなあというのを知ったとき、自分の好きな食べ物とその産業に、もっとありがたみを感じるようになった。これは自分にとってとてもいい変化だと思う。そしてそれを目指している環境で働くのもいいことだと思う。という訳でまあなんか適当にがんばる。

cast pearls before swine

f:id:szktrnt:20170507092903j:plain

こないだトロントウォーキングツアーで行ったフェアモント・ロイヤル・ヨークホテル。とても趣のあるロビーで素敵だった。

 

NYの時の写真と、学校辞める前に何人かに撮らせてもらったフィルムをようやく現像したんだけど、やはりフィルムカメラはおもしろ難しい。撮ってすぐ「こうなるんだ!」というのがわかるわけでないので、「こんな感じかな?」と常に疑いながら撮る感じで、自在に使えている感がない。いやでも写真はやっぱり楽しい。辞める前に撮った学校の先生や友達達の写真を本人達に送ったら、FBやWhat's appのプロフィールに設定してくれたりして嬉しかった。あとウォーキングツアーで知り合った写真好きのお友達と「今度一緒に写真散歩しよう!」となったりして、カメラで繋がるご縁もありありがたい。

 

長い間フィルムカメラに対して、ものすごくいいなと思う反面、道具としての底上げを感じてしまって、なんかずるい、と思っていたんだけど、やっぱ絶対的にフィルムの写真いいんだよな。でもたぶん「あ、なんかいいな」と思うものは道具関係なくいいと思うので、趣味だけど完全にあやからずそういうのやりたいよなあ、と思う今日このごろ。ああ早く毎日晴れであったかくならないかな。

 

明日はここずっと楽しみにしていた、こちらでお気に入りのChoirのコンサートで、絶対生で聴きたいと思っていた曲が聴けるので楽しみだー。グラスハープ!

さくら咲いた

f:id:szktrnt:20170429103631j:plain

トロントの桜が見頃を迎えている。High Park行ったら桜目当ての人がわんさかいた。やっぱり桜の木っていうのはなんていうかこう、サラウンディング力(りょく)が凄まじく、気分が高揚しちゃうことに対してあらがえない何かがある。日本のように外で酒飲んでどんちゃん騒ぎはしないけど、それでもみんなふわふわしてた。花に「酔う」って使いたくなるのは、桜とあと藤だけかなあ。人間は上からの包囲に弱いんだろうな。

 

Smart serve、90%取得で一発合格。まあ、あたいを誰だとお思いよという話よ。正直内容については常識で考えればわかんだろ問題なので、何年前に作ったんだよという受講動画&プレゼンシートみたいなのをさらーと見て、各セクションのおさらい問題みたいなのを何度かやってれば、英語読めればまずできるだろという感じ。誰かに何かを強いられてをやるのが死ぬほど嫌いなので、内心めちゃくちゃ「やだ〜〜〜〜!」って思いながらやってたけど、とりあえず40$無駄にしないでよかった。

 

学校終わってから、留学エージェントの無料英語カフェみたいなのに参加してるんだけど、わりとそこでも友達の輪が広がって楽しい。小さい頃は人見知りだったけど、前職で「いかに初めましての人と早く打ち解け(ている風に見せ)るか」みたいなのをやっていたので、割とどこにいっても平気になったなあ〜と気付く。日本人外国人関係なく、人として最低限のリスペクトを持って楽しい話題をしてれば、誰とでもそれなりに仲良くなれる気がする。あとはその人の興味の方向にそってお話を聞いていけばなお楽しい。

 

なんか人と接することでしか得られないものを大事にしたくて、いまだにホームステイを出る決心がつかない。というか最後までここにいる気がする。ラーメン屋さん行けばまかない食べられるから食費は大分浮くし、毎日家族とすげー喋ってるという訳ではないんだけど、それでもある家庭に居候として過ごすという経験は帰ったら一生することないだろうし、割と仲良くて食べられるときは必ず一緒にご飯食べるし、こないだはうちのファミリー不在時にホストアントのおうち行ったり、「仕事まじやばい」みたいな話を聞いてもらったりして、やっぱり心の支えになっている部分もあるんだよねえ。あとわたしの希望する条件で部屋探すとやっぱり600〜650$くらいになるんだけど、今が750$で、一ヶ月の食費150$に抑えられるわけもないので、まあバイトで彼らの生活リズムを邪魔する訳でないなら、引き続きここにいよっかな〜という感じ。愉快だし。

 

ああしかしまじで早くバイトの仕事覚えたい。

f:id:szktrnt:20170429103633j:plain

NY備忘録その5

f:id:szktrnt:20170428143352j:plain

一ヶ月に渡りだらだら書いてきたNY旅行記もこれで最後。NY4日目。この日は朝から雨で、NY出発のPM10:45まで長い1日となった。朝、気温も低いし雨だしでテンションも上がらなかったので、とりあえず何か暖かくてヘルシーなもん食べたい…と、初日にも行ったHale and Heartyで遅めの朝ごはんを食べる。こういうスープ+サラダ屋さんほんとにトロントにも欲しい。

 

f:id:szktrnt:20170428143355j:plain

f:id:szktrnt:20170428143359j:plain

その後まだ行ってなかったGrand Central Terminalに行って写真などを撮る。やはり雨だからかどこに行っても屋内は人が多い。そして、前回行った気がするけど記憶が定かではなく「あれ夢だったっけ…?それとも現実…?」と思っていた駅の中のマーケットに辿り着き、「やっぱりここ夢じゃなかったんだ!」と謎の感動をする。

 

f:id:szktrnt:20170428143403j:plain

f:id:szktrnt:20170428143413j:plain

やることもなく、外も歩きたくないので再びNY公共図書館に。前日回りきれなかった素敵なお部屋に行って写真を撮りまくる。どのお部屋もほんとにフォトジェ二ックだった。小腹が空いたので街の中心部のデリで小休止。とにかく疲れがやばい。

 

f:id:szktrnt:20170428143417j:plain

f:id:szktrnt:20170428143421j:plain

そして16時から無料になるMoMAで常設展を見る。この日はたまたま振付師?(Coreographyってなんて言ったらいいんだろう)の人の公演があって、ものすごくたくさん人がいた。人がいすぎて頭がぼーっとして半分くらい白目で色々見た。

 

その後、いったんホテルに戻って近くのアジアンフードのお店で夜ご飯を食べ、ホテルに戻ってダウンタウンへ向かう。ホテル近くのベーカリーが死ぬほど可愛かったのをこのタイミングで知り「Oh」となりながらもパウンドケーキ一切れを買ってみる。味は普通。この後、あまりの疲れにダウンタウンにあるマッサージ屋さんに行って、1時間のマッサージを受ける。60分30$。4日分の疲れが多少解消された。

 

f:id:szktrnt:20170428143425j:plain

その後無事にバスに乗りカナダまで戻ってきた。のだが、最後の最後でカナダ入国の審査がまじでゆるすぎて、というか荷物検査せずにスタンプだけ貰ってスルーで、改めてカナダの入国ゆるゆる加減に脱力した。そりゃあ何でも入ってきますわ。帰宅後、即風呂、即寝で旅の疲れを即回復した。そんな感じの3泊5日のNY旅行だった。

 

総括として、やっぱりNYはとにかく忙しないし、どこも汚いし臭いし、Subwayは暗いしわかりづらいし、人は優しくないし、人たくさんいるし、嫌になる要素めちゃくちゃ多いんだけど、 それでもミュージカルや美術館、建物だったりお店はすごい素敵で、さすがNYだなあと思う部分は確実にあるので、なんだろうな、そういうものを吸収するにはすごくいい街だなと思う。絶対に住みたくはないけど。トロント帰ってきてめちゃくちゃ安心したくらい。まあこちらも毎日どこいってもマリワナの臭いがしたり、ラリってる人見るのでアレっちゃアレだけど。ともかく充実した旅行だった。

いつかラーメンに殺される。

最近英語のタイトル付けるのすっかりさぼってんな。まあ仕方ない。

 

『わたし、ワーホリ7ヶ月目にしてようやくお仕事をGETした30歳独身女!今週からラーメン屋さんで働きはじめたんだけど、始めはキッチン、なんならディッシュウォッシャーとか目立たない、かつ重用されないポジションに申し込んだはずなのに、いつの間にかサーバー(ウェイター)をやることになっていて、オンタリオ州で必ずお酒を扱う人が取らなければならないSmart Serveというライセンスの取得勉強と同時に現場に放り込まれしごかれる毎日!こんなに忙しいなんて聞いてないよ〜!これからの半年間、どうなっちゃうの!?!?』

 

という感じ。もう上記にすべてが詰まっているので察していただきたい。このままではホールをぐるぐる回りすぎてラーメンになっちゃうかもしれない。いやむしろラーメンになりたい。それくらいやばい。秒単位で変化する優先順位の中、他のサーバーと連携してとにかく回転を速くすることを求められるんだけど、驚いたことに初日からガンガン、ガンガンホールに出てぐるぐるしている。まだほとんど何もできないけど。先輩サーバー達の動きがまじで神がかっており、一秒一動作足りとも無駄がない。いや本当にすごい。ああなりたいかと言われると積極的にそうとは言えないけど、ここにいる以上やるしかない。なのでああ早く慣れたい。あとディッシュウォッシャーも同じ位忙しそうだったので「ディッシュウォッシャーなら…」と思っていた自分をグーパンしたいですね。みんな神でした。

 

そして前述の通りSmart Serveのお勉強をしている。こちら、オンラインで講義を受けてオンラインで監視官の監視の元テストを受けて取得する。今のところ2/5くらい講義見たけど、まあ普通に何度か問題解いとけばいけるんちゃうかという感じ。やはり6ヶ月の学校生活の中で知らず知らずの内に英語の読み聞きは成長しているらしく、たまにわかんない単語もあるけど、そんなに困ることはない。いやーでも韓国・中国(マンダリン/広東語)・フランス・ドイツ?とか何カ国か翻訳されてるのあるんだから日本語版も作ってくれよって話だ。

 

いまだに「トロント来て何ラーメン屋さんに最適化させようとしてんだ自分。」と思うこともあるけど、それと同じくらいその状況を面白がってしまっている自分がいるのも事実。だって日本にいたら絶対にこんな状況にならないし、忙しい飲食店のことを知ることもなかったし、絶対に知り合わない人たちと知り合った。過去にも事故的に勤めた金券屋で知り合ったやべー人々と、そこで知ったやべー世界が「いやはや世の中には色んな人がいて面白いなあ」とわたしの世界を広めてくれたこともあるし(他と比べてそれを優先して知りたかったかという指摘は置いておいて)。あとこれはわたしの信ずるところで『どこに行っても、どんな人ともうまくやれるのが本当にすごい人』というのがあるので、ここでも適当にうまくやっていきたい。自信ないけど。そしてNYの最終日いつ書こうかしら。

NY備忘録、の合間に

3月24日に学校を卒業し、NYから戻った4月3日くらいから始めたバイト探し。ついに働くところが見つかった。ただ、当初希望していたローカルのカフェやレストランではなく、日本人経営のラーメン屋さんのサーバー(ウェイター)になった。ここに至るまでの経緯を記す。

 

バイト探しを始めたすぐの頃、「英語勉強しにきてるんだし絶対ローカルのとこがいい」と地元のお店に絞ってメール、レジュメ配りをしまくるも、本当にな  んにもレスがない。おそらく、長くても1年、わたしに至っては残り5ヶ月しか有効なビザがない(さらに言うと同業種の経験もない)ワーホリ日本人は、その時点で面接に呼ぶ価値もないと見なされる。2ヶ所だけインタビューの連絡を貰ったのだが、残りの月数を言うと「それは…」みたいな顔をされ、わりと相手にされなかった。これについてはわたしのワーホリ計画がそもそも良くなかったというのがある。けどそれはまあ今更言ってもなので割愛。

 

このままではただでさえ少ないビザがさらに少なくなっちゃう…との焦りもあり、今週から日本人向け求人にも申し込みを始める。すると、今まで待てど暮らせど返ってこなかった面接の調整連絡がその日中にあり、月曜メールで申し込み、火曜面接・即採用、木曜勤務開始というスピード採用。前述の通り、日本食レストランをうっすらと敬遠する気持ちはあったものの、いつ決まるかわからないローカルのお店を探しながら、最悪無収入で9月末まで過ごせるわけもなく、背に腹替えられぬ…あとなによりラーメン食べたい…とトロントで一番のヘイラッシャイになる決意を固めるのであった、というのが経緯だ。今はまあ働き口があるだけいっか!という気分になってる。

 

こうしとけば良かったかもと思うのは、学校4ヶ月くらいで良かったかな、というのと、観光で6ヶ月入りながらビザを取得して、一時帰国してもっかい入り直して1年働けばよかったかな、という2点。まあでもすべて今更なので、今からできることとして、遊びにいってたんじゃないよ言い訳のためにTOEIC高得点取得すべく、てきとうにがんばる。あとまたLanguage Exchange相手を見つけて週1でもいいからガッツリ喋る時間を作りたい。

 

まあとりあえず一応収入の目処はついたから、9月末までは無事いられそう。よかった〜。

NY備忘録その4

こんだけ書いてるのにまだ半分しか終わっていない。なんてことだ。バイト探し中の暇つぶしで書きはじめたのに、結構腰を入れて書くぞ!と思わないと書けない感じになってきており本末転倒。

 

f:id:szktrnt:20170414052227j:plain

3日目。この日は朝から晴天で、なんとも気持ちのいい1日だった。ホテルからすぐのおしゃれなレストランDudley'sでブランチを食べ、ゆったりとした時間を過ごす。写真、順光でぜんぜん美味しそうじゃないけど、オーセンティックなイングリッシュブレックファストで超おいしかった。パンはとってもハードで噛みごたえがあったし、ハッシュブラウンもサクサク、ベーコンはかりかりで、クリスピーなもの好きとしてはたまらない朝食だった。

 

f:id:szktrnt:20170414052233j:plain

その後バスに乗ってマンハッタンの下の端まで行き、肉眼で自由の女神を望む。小さいけど天気がよかったのでちゃんと見えた。途中フェリー?のキャッチの人たちがめちゃくちゃいて、何度も声をかけられたけど「公園から見るからいい」と行って断る。ガイド風のジャンパーや名札を付けてたりするので紛らわしい。

 

f:id:szktrnt:20170414052305j:plain

近くにあの有名な牛に立ち向かう女の子の像があったので、ついでに見てみることに。よく成り立ちを知らなかったんだけど、いつまであるかわからないからかめちゃくちゃ人がいた。なんか最近あの牛の作者とモメてるらしい。個人的にはいいじゃん別に、という感じなんだけど、これでまた本来の意図とは違うところで人気が上がってしまうんだろうなあと思うと、設置場所ずらすくらいしてもいいんじゃないかと思う。

 

f:id:szktrnt:20170414052238j:plain

その後少しだけブルックリンを散歩しようとなり、ブルックリンパークへ。対岸からマンハッタンを望む。この時、駅からパークへの道のりがとてもいい雰囲気の住宅街で、こんなところなら住んでみたいなあと思った。

 

f:id:szktrnt:20170414052245j:plain

お天気もよく、気持ちのいい散歩を楽しんでいたら、橋のふもとにかわいいアイスクリーム屋さんBlooklyn Ice Cream Factoryを発見。当然入る。ここ写真撮り忘れてしまったんだけど、濃い目のチョコレートアイスに薄い板チョコがざくざく入った、チョコレートチョコレートクランチというアイスがもうめちゃくちゃおいしくて、まじでわたしのアイス史に残るおいしさだった。食感の変化に富む食べ物が本当に好き。

 

その後再びマンハッタンへ戻り、ちょうどフラワーショウをやっていたデパートmacy'sへ行く。外のショウウインドウも館内もカーニバル?風デコレーションで埋め尽くされ、ここにも沢山の人がいた。どこに行ってもみなセルフィー撮っていてみんなセルフィー好きね。と思った。デコレーションは催事によくありがちなパチもんぽい感じではなく、本格的でとても可愛かった。

 

この日も「ミュージカル見ちゃう…?」となりTKTSでKinky Bootsを購入。前日と同じく78$。3日間ずっと何かを見るか歩くかしていたため、ここら辺でまた疲れが出てくる。次の目的地であるNY公共図書館に行く前に、その隣のブライアントパークでお茶飲んで一息つく。ブライアントパーク、青くて広い芝生が気持ちよく、テーブルやいすも沢山あったので、喧噪に疲れて一息つきたい時に最適の場所だった。

 

今回、2人旅行だったから休憩のタイミングを計りやすかったのだが、1人でフリーで旅行するときに割と限界に近いところまで疲労に気付かず、急に眠くなって続行不能になることがある。これ本当に貧乏性だよなあ。旅先で「できる限り沢山のものを吸収してやろう!」と思って「あれ何?」「これってこういうことなのかな?」など普段以上に自分の周りに注意を払って、結局すごく疲れる。それでも今は、リゾート地でのんびり、とかよりそちらの方が魅力的だなと思ってしまうので、しばらくはこんな旅行を続けそうではある。

 

f:id:szktrnt:20170414052250j:plain

f:id:szktrnt:20170414052256j:plain

f:id:szktrnt:20170414052301j:plain

さて、NY公共図書館。ドラマや映画に出てくる有名な図書館、というインプットはあったのだけど、ここまで素晴らしい場所だとは思わなかった。建物そのものの美しさ、天井画、中に流れる雰囲気、すべてが洗練されていて、こんなところで読書を楽しめるニューヨーカーはいいなあと思った。もっと重厚で歴史のある素晴らしい図書館はたくさんあるけれど、ここは現代にあっても生きて使われている&それが浮いてないかっこよさがあった。あと単純に、天井高い建物はいいよねえ。とってもフォトジェニックな空間だった。

 

f:id:szktrnt:20170414052309j:plain

 Kinky bootsまでにご飯食べようとブロードウェイの中のレストランに入るも、開演まで時間が間に合わなそうだったので、包んでもらって文字通りひっ掴んでシアターまで走る。ちょっと遅れての開場だったのか全然間に合った。Kinky Bootsに関しては全然予習していかなかったのだが、見る前にYちゃんにうっすらとした概略を教えてもらった。田舎の傾きかけの紳士靴工場を実家に持つチャーリーと、ロンドンで華々しく活躍するドラァグ・クイーンのローラが、紳士用のセクシーな女性靴を作って会社を再建するコメディ。前日のファントムと比べてショー要素が強く、ローラとガールズ(男性)達が、歌い、踊る!衣装ギラギラー!みたいな感じで終始「FOOO!!」となっていた。キャスト1人1人の歌唱力についても、正直個人的にはこちらが好きだな〜。もちろんJames Barbourのファントムは素晴らしかったが、女性キャストに関しては断然こちらの方が好きだった。歌い方もあるのかな。ファントムはファルセットで歌う曲がほとんどだし、Kinkyは地声がほどんどだしなー。とにかくとても楽しんだ。

 

帰ってからランチボックスの中でぺそぺそのバーガーを食べ、就寝。二晩続けてミュージカルという夢のような時間を過ごし、NYの最後の夜は更けていくのだった。